ウォーターサーバーは乳児用の水として適しているの?

乳児用水は水道水じゃダメなの?

乳児の食事といえばミルクですが、ミルクをそのまま水道水で作ることは危険と言われています。その理由は、殺菌の目的で使われている塩素が人間の体に悪影響を及ぼす恐れがあるからです。
水道水というものは、浄水場などから水道管を通って私達の家まで届けられています。家庭用の水は塩素を入れることで浄化されて、人間が利用できるようにしています。水道水から流れている水は、海水や河川水や地下水ですが、そこには生活排水や工場から出た排水も流れてきているために、そのままで飲むということにはとても危険ということになります。したがって、水道水として利用する時には、浄水場などで浄化と殺菌などの多くの過程を得なければいけません。
浄化や殺菌に使われている塩素が水道水の残留塩素となって独特な臭いがでたり、トリハロメタンなどの発がん性物質を生成してしまうと指摘もされています。トリハロメタンは中枢神経や臓器に大きな悪影響を与えたり、流産を引き起こす可能性もあると言われています。浄水の過程では残留塩素が少なくなるようには注意はされていますが、年々水質が悪化していっているため、塩素を入れる量も多くなっていて、それに伴って残留塩素も増えているというのが現実です。
したがって、水道水で乳児のミルクを作るという行為は、免疫力のない乳児にとってはとても危険なことであると言えます。どうしても水道水でミルクを作らなければいけない場合には、念入りに煮沸するように心掛けるようにして下さい。

その他のコンテンツ